交流

コンデンサの並列接続と静電容量

コンデンサの定義式 \begin{align}v_c=\frac{1}{C} \int i dt\end{align} より \begin{align}v_{c1}=\frac{1}{C_{1}} \int i_...
交流

コンデンサの直列接続と静電容量

コンデンサの定義式 \begin{align}v_c=\frac{1}{C} \int i dt\end{align} より \begin{align}E & =v_{c1}+v_{c2} \cdots+...
代数

和の二乗と差の二乗の和と差

和の二乗と差の二乗の和と差を求める。 \begin{align}(x+a)^2-(x-a)^2&=x^2+2ax+a^2-x^2+2ax-a^2\\&=4ax\end{align} \begin{ali...
工作

Amazonにある怪しい電磁石について

Amazonに800N(自称)の電磁石について続き 結論だけ書く。800Nも無い。
C/C++/C#

秋月電子に売ってるレーザ距離センサモジュールについて

VL53L1X使用 レーザー測距センサモジュール(ToF)を買ってみた。 I2Cで動作する。XSHUTとGPIO01は未接続でいい。 Arduinoの場合VL53L1X用のライブラリをインストールしてサンプルプログ...
交流

交流の電力

交流には位相\(\cos \theta\)に基づき3つの電力が現れる。 有効電力・・・抵抗成分についての電力 \begin{align}P=IV \cos \theta \mathrm{}\end{align} ...
数学

オイラーの公式を使ってcos(90°-θ)=sinθの導出する

オイラーの公式を使って\(\cos(90^\circ - \theta)= \sin \theta \)を導出する。 \begin{align}e^{i(90^\circ-\theta)}&=e^{i 90^\cir...
電気機器

需要率と負荷率と不等率

需要率と負荷率と不等率は次のように定義される。 \begin{align}需要率=\frac{最大需要電力}{設備容量} \times 100\end{align} \begin{align}負荷率=\frac{平均需...
電力

負荷変動と速度調定率

負荷変動と負荷変動に対して起こる発電機の回転数の低下には次のような一定の関係がある。 \begin{align}R = \dfrac{ \dfrac{\Delta f }{ f_{n}} }{ \dfrac{\Delta ...
直流

直流の電力

単位時間に電流がする仕事を電力という。電力は抵抗を\(R\)、電流を\(I\)、電圧を\(V\)とすると \begin{align}P=IV=\frac{V^2}{R}=I^2R \mathrm{}\end{align} ...
直流

直流のジュール熱

抵抗\(R\)に電流\(I\)が流れると電圧降下が生じるが、電子はこの電圧降下の分だけ仕事をし熱が発生する。その時の熱は \begin{align}W=IV \mathrm{}\end{align} である。この法則を...
物理

電磁石買った

Amazonに800N(自称)の電磁石があったので買ってみました。
交流

インピーダンスと力率

RLC直列回路の力率について考える。回路のインピーダンスの大きさは \begin{align}Z = \sqrt{R^2 + \left ( \omega L -\frac{1}{\omega C} \right )^2}\...
交流

インピーダンスのベクトルと大きさ

RLC直列回路について考える。回路の抵抗成分とリアクタンス成分は互いに直交しているベクトルとなる。これを複素数を用いて \begin{align}R, j \omega L,\frac{1}{j \omega C}\end{...
交流

交流回路と容量性リアクタンス

回路に流れる電流が \begin{align}i = I_m \cos \omega t\end{align} であるとする。これをコンデンサの定義式 \begin{align}v_{C} = \frac{1}{...
タイトルとURLをコピーしました