【制御】システムの概強正実性

任意の伝達関数\(G(s)\)

\begin{align}
G(s)=\dfrac{K_{p} (s -\sigma_{1})(s – \sigma_{2}) \cdots (s – \sigma_{m})} {(s – \lambda_{1})(s – \lambda_{2}) \cdots (s – \lambda_{m})}
\end{align}

において、あるゲイン\(K\)

\begin{align}
G_{1}(s)=\{1+KG(s)\}^{-1}G(s)
\end{align}

を考えた時、\(G_{1}\)がSPRであるならば伝達関数\(G(s)\)は概強正実(Almost Strictly Positive Real,ASPR)であるという。

created by Rinker
¥3,740 (2022/10/02 00:56:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,620 (2022/10/02 00:56:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました