ポケモン

C/C++/C#

C++でポケモンの速度判定を作る

ポケモンの速度判定は異なる場合はより数値の大きな方、同じ場合はランダムになる。 今回はCoin.getCoinValue()でコイントスを行う関数を実装し同速の場合の判定を作った。 なお、arrayで作っているのはダブルバトル...
ポケモン

C++で使うためのポケモン性格補正をCSVにしてみた

ポケモンの性格ごとの補正値をCSVにした。
C/C++/C#

ソースコードをgistに登録して技相性のCSVデータを公開してみた

gistへの登録は色々なサイトにあるので割愛。 今回はポケモンの技相性のcsvデータを登録した。
ポケモン

C++で使うためのタイプ相性をCSVにしてみた

こうかばつぐんは2倍、いまひとつは半減、こうかなしは無効、残りは等倍なので1や0、0.5を参照できるようにする。 " ",NORMAL, FIRE, WATER, ELECTRIC, GRASS,ICE, FIGHTING, POI...
C/C++/C#

C++でポケモンの個体値が記録されたCSVを読み込む

targetと同じ文字列を抜き出し配列として返す。CSVはポケモンの個体値のリストでtargetにポケモンの名前を渡すとそれを探す。 以下ソース std::array < std::string, 9> readCSV(...
ポケモン

ポケモンの努力値について

ポケモンの努力値はポケモンのステータスを計算する際に必要で、0~255の間で振ることができる。 計算式は努力値÷4であるので4の倍数で指定するのが望ましく、最大値は252。 252のとき上昇量は63になる。
ポケモン

C++でポケモンのステータスを計算する

ポケモンのステータスを計算する方法はここを参照 これをC++で計算する。レベルと種族値、個体値、努力値を指定すれば計算できる。種族値例はツタージャ。 結果 231,126,146,126,146,162 ...
タイトルとURLをコピーしました