mpirを使ってウィルソンの定理を計算する

ウィルソンの定理は\(p\)が素数ならば

\begin{align}
(p-1)! \equiv =-1(mod p)
\end{align}

が成り立つ定理である。今回はwikipediaにある表をmpirを用いて計算した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました